ライターが仕事を探す方法+おすすめサービス5選【依存せずに働こう】

ライターの仕事を探している人
ライターが仕事を探す方法を教えて。あとおすすめのサイトがあれば知りたいです。どうやって仕事を取っていけばいいかも聞きたい

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • ライターが仕事を探す方法+おすすめ5選
  • ライター向けサービスに依存すべきじゃない
  • ライターは複数の収入源を持てば安定する

 

この記事を書いている私は、現在26歳フリーランス。新卒から独学でフリーランスになり4年目になります。普段はライティングとデザイン業を並行して受注しています。

新卒フリーランスが実績ゼロから月収30万円を稼ぐ手順【超過酷です】

 

こういった背景からお話ししますね。

 

ライターが仕事を探す方法+おすすめサービス5選

まず結論から言うと、ライターが仕事を探すには”ライター向けの案件が探せるサービス”を利用すればOKです。

 

そしてさらに言うと、ライター向けサービスはどれも大差なしです。

なので、とりあえず有名どころで単価が安すぎないところを順番に3社ほど登録して、気になる案件があれば応募してみればいいかと思います。

 

私も複数サイトに登録していますが、案件の質はどこも似たり寄ったりです。

ライター向けの案件を探せるサイト【とりあえず登録すべき】

このあたりでいいかなと。

 

ライター経験がある人は

ある程度のライター経験があるの方は、サグーワークスのプラチナライターになるという選択肢もあります。

プラチナライターになると、高単価案件が受けられたり、表には掲載されていないような優良案件を優先して紹介してもらえます。

案件の単価をアップしたい、ライターとして次のステップに進みたいという方にはぴったりかと。

 

プラチナライターになるにはライターテストに合格する必要がありますが、不合格のペナルティなどもなく1時間程度で終わるため、腕試しに一度受けてみるのもありだと思います。

 

取材ライターの仕事に挑戦できるサービスも

あと、取材ライターとして仕事を請けられるサービスも出ています。

SAGOJOというサービスで、旅人ライターに特化した取材・インタビュー案件が探せます。単価も高めなので私もたまに利用しています。

スタッフの方も優しく、技術が高いです。

»SAGOJO|人生に「旅をする」という選択肢を

 

ライター向けサービスに依存すべきじゃない

ここまでライター向けサービスを紹介してきましたが、これらに全ての収入を依存してしまうのはNGです。

ライターは他にも色々な働き方があり、組み合わせることで収入の安定と最大化が可能です。下記に具体例を書きました。

 

ライターが仕事を探す方法

  • クラウドソーシング
  • 求人サイト
  • メディアなど直接契約
  • ブログ経由
  • SNS
  • 知人の紹介

パッと思いつくだけでもこれだけの仕事を探す方法があります。

 

収入源は分散させるべき

ライターとして稼いでいくなら収入源は分散させるべきです。以下の図を見てください。

 

クラウドソーシングなどは簡単にライティング案件が見つかるため、多くのライターは依存しがちですが、長期的に収入を得る場所としては向いていません。

 

その理由として、クラウドソーシングは競合過多のレッドオーシャンだからです。自分の代わりのライターはすぐに見つかるため、クライアントの定着率は悪く結果的に消耗戦になります。

ライターとして長期的に稼いでいくなら、直接契約やブログ経由の仕事を積極的に狙っていき「あなた自身を求めてくれるクライアント」と付き合っていくのが良いですよ。

 

ライターはブログ運営がおすすめです

私のおすすめは、スキルアップ&営業ツールとしてブログを運営することです。

ブログは記事を書くことでライティングスキルが上がりますし、ブログ自体がそのままポートフォリオにもなるため、営業ツールとしても活躍してくれます
なつき
私自身もブログ経由でお仕事をいただくことがあります。

 

ブログはリスクなしで始められ、副業としてアフィリエイト収入も生み出すことが可能なので、始めるにあたって損はありません。

 

フリーランスにとってブログ運営がどれくらい有効なのか、過去に記事にしています。

»【最強】フリーランスが”ブログ運営”で得られる5つのこと【実体験から解説】

 

ライターは複数の収入源を持てば安定する

「ライターは安定しない職業だ」と言われることもありますが、複数の収入の柱を持つことで十分な安定を目指せる職業です。

特に、WEBメディアが主流になった今では実力のあるライターが足りていない企業も多いため、ニーズは探せば見つかります。

 

今、収入源が1つだけと言う人も、焦らなくてOK。まずはクラウドソーシングなどで実力をつけながら、徐々に収入源の分散を目指しましょう。

本日は以上です。

 

ライター向け案件が探せるサイト

ライティングに自信のある人は