【フリーランス必見】やりたい事がある人は今すぐ”法人化”すべき4つの理由

スポンサードリンク

株式会社を設立して3ヶ月目に入りました。こんにちはなつさんです

 

法人化して3ヶ月、その中でも一番驚いた変化が、フリーランス時代との待遇の変化でした。

世の中には「法人になっても何も変わらないよ」と言う人もいますが、私はそうは思いません。実際に法人化したことで得られることが沢山あったからです。

 

そこで今回は、元フリーランスの私が感じた”法人化すべき4つの理由”を紹介したいと思います。これから起業したい人はぜひ参考にしてみてください。

↓法人設立を考えている方には、以下の記事もおすすめです。

 

そもそもフリーランスには限界がある

なぜ大学卒業から3年間ずっとフリーランスとして活動していた私が、今法人化を選んだのか?決して年商が高すぎたから節税のために…と言う経済的な理由ではありません。

法人化することが「やりたい事を実現するための最速の方法」だと思ったからです。それは裏を返せば「フリーランスには限界がある」と言うことにもなりますよね。

 

実際に私の周りには、フリーランスとして活動していた人たちが、働き方はそのままで合同会社を立ち上げると言う例がいくつもあります。会社にすることで、信頼が上がり行政や大手企業からの案件が受けられるようになるためです。

フリーランスは、結局どこまでいっても”個人”でしかありません。同じだけ実績を積んでいたとしても、それがフリーランスが企業かで社会的な評価は大きく異なるのです。

 

なので、今フリーランスとして活動しており、これからも同じ仕事を継続していくつもりの方はぜひ法人化を選択肢に入れてみてください。

 

法人化して受注金額が急激に上がった

 

フリーランス時代は、デザインやライター業務など企業から案件を受注していました。

しかし、どれだけ頑張っても個人で受注できる案件の相場は決まっていて、私の場合は月収20-25万円ほど。同じ仕事を続ける事で収入が倍増する見込みもありませんでした。

 

しかし法人化すると、案件の受注金額が急激に上がったんです。これまで15万円程度でしか受けられなかったような案件が40万円で受けられるようになるなど、

企業間の交渉になると、個人よりも大きなお金が動く事を改めて実感しました。

 

 

やりたい事がある人は今すぐ”法人化”すべき4つの理由

めちゃくちゃやりたい事があって、すでにある程度の実績を出している人にはもれなく”法人化”を勧めています。法人化の威力を、自分自身の経験から知っているからです。

ただ、法人化にはリスクがあることも忘れてはいけません。それについてはまた後日詳しく書きたいと思います。さっそく法人化すべき理由を見ていきましょう。

 

1.応援される環境が作れる

いきなりお金とは関係のない理由ですが、私の中で法人化で得られる1番のメリットは「応援される環境が作れる」ことだと思っています。

 

個人でも、活動に共感し応援してくれる人は現れますが、法人として「やりたい事」に対する覚悟を分かりやすく提示する事で、圧倒的に世間から応援されやすい環境が作れるのです。

 

今の時代「応援されないこと」は成功しないことと同じだと思っています。法人化して、周りの人から応援してもらえる環境を作り、自分のやりたい事を全力で進めていきましょう。

 

2.大手企業や自治体からの案件が受けられる

法人化する事で、フリーランスなど個人規模では受けられないような大きな案件に関わる事ができるようになります。

時々、有名クリエイターさんなどで大手企業とタイアップしている方がいますが、あれはほんの一握りの例。ほとんどの大手企業は個人と契約することはリスクが高いため避けたいと思っています。

 

たとえ小さな会社でもも、法人であることが信頼に直結するのです。法人化することで、これまで受けられなかった仕事が受けられるようになり、仕事の幅が格段に広がりますよ。

 

3.個人よりも実績が積みやすい

私がフリーランスとして活動していた頃、関わった案件を実績として公開できない事が多々ありました。その理由は、完成までの全てのタスクを1人で請け負っていない場合が多かったためです。

例えば、

  • メディア編集者として仕事をこなしても、そのメディアは企業のものであり私のものではない。→実績公開できない
  • デザイン制作のデザインのみ担当、写真は別のカメラマンさん→実績公開できない

など、フリーランスとして公開できる実績を作るために、結構大変な思いをしました。

 

しかし法人として仕事を受ければ、案件ごと託されるor一部だったとしても実績として公開できる場合が多いため、圧倒的に実績が積みやすいのです。

実績が積めることは、意外と見落としがちですが次の仕事に直結する法人化の大きなメリットです。

 

4.資金面の選択肢が増える

資金面の選択肢が増えることも、法人化の大きなメリットでしょう。法人には、国から補助金や融資が降りる制度が沢山用意されていますし、銀行からも融資が受けやすいです。

 

「お金は一銭も借りないよ〜」と思っている方、私も最初はそう思っていました。ただ、会社を軌道に乗せるため、事業を成功させるために借りるお金は悪ではないと最近では思うようになっています。

 

しかしここで重要なのは、「融資を受ける・受けない」ではなく受けられる選択肢を持っているかどうかです。

法人化することで、個人では持てなかった資金面の選択肢が大幅に増えます。増えた選択肢の数だけ、自分のやりたい事を実現するための道が増えると思ってください。決して悪い話ではないですよね。

 

 

やりたい事がある人は法人化を考えてみよう。

 

元フリーランスが法人化して得られたことから、法人化すべき理由を紹介しました。こうやってみると、法人化ってやっぱりメリット多いです。

フリーランスとしての自分の限界をあっさり突破できるんだから、リスクを負ってでも法人化してみたらいいんじゃないか。と今では思っています。

 

やりたい事がある人は、ぜひ法人化という選択を考えてみてください!

スポンサードリンク