【起業したい人必見】経営者に必要な”行動力”を今すぐ身につける4つの方法

最近新たに気づきがあったので、こんなタイトルで記事を書きます。

 

コミュニケーション能力や統率力など、経営者に向いている人の特徴っていろいろありますよね。

ただ、そのどれもが絶対必要なものではありません。

例えばコミュニケーション能力が高くないのであれば、営業などの対人は得意な人に任せればいいですし、統率力がなくても縁の下の力持ちとして、ボトムアップ経営で成功している経営者さんは沢山います。

 

じゃあ、絶対的に経営者に必要な能力ってなんなのでしょう?

それは、”行動力”です。

 

行動力がない人は経営者になれない

 

あえて言い切ってしまうと、行動力のない人は経営者には向いていません。

それは、そもそも行動力がない人にとっては、”会社を起業するという行動自体が難しいこと”だからです。

 

よく「30才になったら起業する」「企業なんて書類一つでいつでもできる」と言う人がいますが、実際に会社を起こしている人はほんのひと握りですよね。

起業をする・経営者になるということは、それくらい行動力が必要なことなんです。だから、行動力のない人はいつまでたっても足踏みをしてしまい、踏み切れないまま時間だけが過ぎていきます。

 

 

並外れた行動力じゃなくていい

 

じゃあ私向いてないじゃん・・・

と思ったそこのあなた、どうぞ安心してください。こんな偉そうなことを言っていますが、私自身並外れた行動力があって経営者になれたわけではありません。

 

世の中には、テレビや雑誌に登場するような凄腕の経営者が沢山いますが、決してその人たちのような並外れた行動力を持つ必要はないんです。

あくまでも、目の前の目標を少しずつ実現し、一歩ずつ前に進んでいくような”小さな行動力”があればそれで十分。

 

実はそういう小さな行動力を持った人ほど、無理なくやりたい事を継続できるので、結果的に大きな成果を残すことができるのです。

 

 

”行動力”を今すぐ身につける4つの方法

 

では、具体的に”行動力”はどうすれば身につくのでしょう?

やりたい事はあっても”行動力”がないために立ち止まってしまう人に、これまで何度も相談を受けました。その度に自分なりのアドバイスをしてきましたが、今回それをまとめてお伝えできればと思います。

 

もうすでに行動力があって起業しようと思っているという人は、起業前にこんな記事が参考になります。

 

1.”小さな”成功体験をつむ

 

まず「やりたい事があるのに、行動にうつせない」という人は、行動した後の失敗を怖がっている場合がほとんどです。

もちろんどれだけ準備をしていても、行動した後にそれが成功するかは誰にもわかりません。失敗する可能性だって大いにあります。

 

じゃあどうすれば怖がらずに行動に移せるようになるのか?

一番手っ取り早いのは”小さな成功体験を積むこと”です。決して大きな成功でなくても大丈夫。

例えば、早起きを1ヶ月続けられた、友達を10人集めてボランティア活動をした。など、日々の小さな目標を達成した時に得られる成功体験を沢山つみましょう。

 

そうする事で、先の見えない不安に打ち勝つ行動力が身につきます。「あの時これだけ上手くいったから、今回も大丈夫だ」そんな風に考えられるようになるのです。

経営者は決して自信家ではありません。ただ、自分を信じる力が人よりも強いのです。

 

2.目標までのステップを細かく分ける

目標までのステップを細かく分けるだけでも、行動力を飛躍的にアップさせる事ができます。

 

誰だって目標までの道のりが遠すぎたら、一歩踏み出すのをためらうのは当たり前。そんな時は、目標までのステップを見直しましょう。

例えば、目標まで1つのステップしかない人がいれば、まずは3つのステップに分けます。それでも行動するのが難しい場合はさらに細かく5つのステップに分けてみてください。

 

目標までのステップを細かく分けると、今やるべき事がより具体的になるので、格段に行動しやすくなります。やりたい事があるのになかなか一歩が踏み出せない人は「目標までのステップを細かく分ける」ということを心がけてみてください。

 

3.周りに発信する

周りに発信することも、行動力をあげるために効果のある方法です。

 

もともと行動力のない人が、自分一人の力で行動力をつけようと思っても短期間ではなかなか難しいもの。

しかし、周りの人に発信する事で「自分の目標を応援してくれる人」や「一緒に目標に向かって歩める仲間」が見つかります。発信していない人はいつまでも一人で努力し続けないといけません。

 

周りの後押しは、思っている何倍も自分の背中を押してくれます。周りに発信することで、結果的に行動力をあげる事につながるのです。

 

4.先にスケジュールを立てる

学生時代、よく一人でアフリカなどへ旅をしていた頃「私も行ってみたいけど不安…どうすればいいかな?」とよく友達から相談されることがありました。

そんな時は決まって「先にスケジュールを立てちゃえばいいよ」と伝えていました。

 

実は先にスケジュールを立てると言うのはかなり重要で

「○月○日までに達成する」「○月○日から1週間〇〇する」とスケジュールに落とし込むだけで、ただの目標が現実の行動として認識できるようになるんです。人間の脳って不思議

 

たかがスケジュール、されどスケジュール。なかなか行動に移せないと困っている人は、先にスケジュールに目標までのステップを組み込んでしまいましょう。

 

まとめ

 

行動力がない人でも、行動力を身につけられる実践的な方法を紹介しました。これから起業を目指す人は、まずこの”行動力”を乗り越えなければいけません。

ただ、行動力って生まれ持ったものかと思いきや、意外と後から補えるものなので「行動力ないよー」と言う人も諦めずまずは実践することから始めてみてください。

 

今回紹介した方法を実践することも行動力の一つです!頑張ってください!