”ただのフリーランス”が25歳で起業を決意できた5つの理由

初めての起業から2ヶ月が経ちました。

世の中にいるかっこいい経営者をみて、「自分も起業してみたい!」「社長ってカッコいい」そう思う人は多いですよね。私もそんな一人でした。

しかし実際に自分の会社を持ちたくても、起業を決意できず諦める人は沢山います。

 

じゃあ行動できる人とそうでない人の違いは一体なんなのか?

 

今回は、ただのフリーランスだった私が25歳で起業を決意できた理由を紹介したいと思います。起業に興味がある方はぜひ参考にしてみてください!

 

起業はギャンブルじゃないよ

まず前提として伝えておきたいのが「起業はギャンブルではない!」ということです。

 

正直ビジネスなんてやってみないと分かりませんし、どれだけ準備しても失敗するときは失敗します。

ただ、「とりあえずやってみる」という勢いに任せた起業は全くもって反対です。それはビジネスではなくただのギャンブルだから。

 

もしあなたが想いを持って起業を成功させたいのなら、少なくとも3ヶ月、まずは自分にできる最大限の準備をしましょう。その中で、起業を決意できる理由が整って初めて「ギャンブルではない起業」が実現します。

 

 

ただのフリーランスが起業を決意できた5つの理由

 

そこらへんのスター性のある起業家とは違い、以前の私はただのフリーランス。そのため「起業したい」という想いと「失敗したらどうしよう…」という気持ちが日々戦っていました。

起業の準備期間は半年。そんな気持ちの中でも起業を決意できたのには理由がありました。

 

1.起業までのリミットを決めていた

まず起業までのリミットを決めましょう。(写真は起業を決意した当時のもの)

 

大抵の人は「起業して失敗したらどうしよう…」と、起業前に必ず不安な気持ちになります。

そんな時、起業までのリミットを決めていないと「今は忙しいし、あと3ヶ月先に伸ばそうか…」と、ズルズルと起業が先延ばしになってしまうのです。

 

私は元々”夏休みの宿題は後回し”タイプの人間だったので、事前に「今年の6月までに起業する!」と起業までのリミットを決めておきました。

無理にリミットを決める必要はありませんが、新しいことにチャレンジするときには意識して自分に課題を与えると上手くいきますよ。

 

 

2.挫折した経験があった

起業を決意する時に一番の障壁になるのが「失敗する恐怖」です。借金を抱えるかもしれない、これまでの人間関係がなくなるかもしれない、、など、不安を挙げるとキリがありません。

ただ、そんな時に糧となってくれたのが「過去の挫折経験」でした。この記事を読まれている方の中にも、人生で大きな挫折を経験している人がいるかと思います。

 

その当時はただの辛い出来事ですが、起業をする上では自分の心を支えてくれる大切な経験になります。

「あの時あれだけ頑張れたんだから、きっと自分は大丈夫だ。」と自分を信じることができるのが、起業の不安を蹴散らし、決断を後押ししてくれるのです。

 

 

3.ビジネスの穴を見つけた

私が起業を決断できた一番具体的な理由は「ビジネスの穴を見つけた」からでした。

さらに言うと”この地域”で”〇〇のサービスを提供できる人”が圧倒的に足りていない!という状況を見つけたんです。

 

どれだけやる気があって努力をしても、あなたのビジネスが周りの人に必要とされなければ、お金を生むことはできません。

何が必要とされているのか?この地域には何が足りていないのか?を考えまずは「ビジネスの穴」を探しましょう。いつも見ている同じ景色も、ビジネス目線で考えると面白いアイデアが浮かんだりします。

 

見つけたビジネスの穴を、もしあなたが提供できるものであれば、それは絶好の起業のチャンス!誰にも言わずにしたり顔で起業準備を進めてください。

 

 

4.専門スキルがあった

これは必須ではないですが、私の起業を決断する大きな理由の一つになったので紹介します。

フリーランス時代に培ったwebデザイン・ライティングのスキルのおかげで「もし事業が回らなくなったら自分で全部やってやる!」という気持ちを持てました。

 

専門スキルがあるということは、もし会社の事業が上手く回らなくなってもスキルを生かし最低限の収益は確保できるということです。

 

いち経営者としては、自分が”時間割いてお金を稼ぐ”という考えはよくありませんが、専門スキルがあったおかげで起業に向けた余計な不安が減りました。

 

 

5.信頼できる仲間がいた

そもそも起業を一人で達成するのは難しい話です。私は「人が一人でできることは限られている」と考えているので、まずは起業に向け一緒に進める仲間を探しました。

 

「そんなこと頼める人いないよ!」という人も安心してください。起業の準備を進めていると、人に会う機会がどうしても増えます。そんな時に「実は一緒に手伝ってくれる人を探してて…」と、ぼやいてみてください。

きっと話を聞いた人の中から、あなたを応援してくれる人が見つかりますよ。

 

自分にはないスキルを持っている、経験が豊富など、「その人に尊敬できる部分があるかどうか」を大切に仲間を探していくと、ビジネスを進めていく上で人間関係が上手くいきます!

 

 

まとめ

起業を決断できた5つの理由を紹介しました!世の中の起業家は全員が自信家ではありません。

 

スーパーヒーローじゃないけど起業したい!という人は、ぜひ参考にしてみてください。私はろくな相談に乗れませんが何かあれば連絡ください。