toggle
2017-05-29

”仕事”をしながら”農業習得”したいやつ集まれ!必要事項は3つだ!

Pocket

 

どうも、最近は野菜とカエルしか友だちがいない朝なつです

GEKO GEKOOOOOO!!

 

 

「仕事をしながら農業なんて習得できるワケねーーー!」

というテレビの前のあなたに、今回は仕事と農業を両立するために必要な3つの条件をお伝えしたいと思います。

 

”これから田舎暮らしを考えている人”も、

”自分の畑で自給自足を目指したいという方”もぜひ参考にしてみてください。

 

※本業で農家になりたい方にはこの方法は合いません注意!

 

 

 

仕事と農業を両立するためにまず必要な1つの心得

 

 

両立を目指すにあたって、まず知っておかなければいけないこと

 

「農業は1年やそこらで出来るようにはならない。」

 

だからこそ習得を目指すのであれば無理をせず、気長に。じっくりと。

私の好きな言葉

「細くても、長く。」それでいいのだ。

 

 

 

仕事と農業を両立するために必要な3つの条件

 

 

両立を目指す人は以下の3つの条件をクリアしましょう。

 


 

1:師匠になってくれる農家さんを見つける!!

2:非正規で収入が見込める仕事につく

3:日中4時間は農業ができるシフトをくむ

 


 

田舎は思っているよりもたくさんの仕事があって、

収入も多くを求めなければ、楽しく生活しながら農業を学ぶことが可能なんです。

 

 

 

1:師匠になってくれる農家さんを見つける!!

 

 

独学で農業を学ぶ事はできます。

しかしとてつもない時間と労力がかかってしまいます。

本来の目的からズレてしまわないよう、師匠になってくれる農家さんを探すのが賢い!!

 

 


師匠になってくれる農家さんはこんな人がいい

  1. すぐ近くに住んでいて、日々の農作業を共有できる。
  2. 自分が目指す農業スタイルの農家さんである。

 

 

1:すぐ近くに住んでいて、日々の農作業を共有できる。

 

「物事を習得するには、その仕事を生業にしている人と同じ時間を共有するのが一番の近道です。」

って私が影響を受ける人たちはよく、そんなことを言うんです〜。

 

朝なつは今、農家さんの離れに居候させてもらっています。

逆に言うとそれくらい近ければ

毎日息をするように農業に触れられるという事です。

気づけば農業が染みついている。これってすごくないか

 

そこまで言わなくても、距離が近ければ近いほど良いです。

手が足りなければぱっと手伝い、そのお返しに植え方を教えてもらう、そのお返しに晩ごはんをもらう(笑)

 

 

2:自分が目指す農業スタイルの農家さんである。

 

無農薬栽培のかわいい野菜たち

 

農業にもいろいろなスタイルがあって

慣行農法・有機栽培・無農薬栽培・自然栽培etc・・・

 

ちなみにわたしは無農薬栽培を学んでいます。

 

これは最初決まっていなくても、徐々に自分のやりたいスタイルが決まってくるものです。

農業に精神的な幸福を求める人ほど、自然栽培に近づいていくみたいですよ。ほえ〜

 

 

 

2.非正規で収入が見込める仕事につく

 

 

正社員にならない

 

 

まず、働く=正社員という固定概念を捨ててください。

仕事と農業を両立するために、正社員の肩書きとフルタイム勤務はいらない要素です。

 

 

「自分のペースで幸せに生きるために、正社員にならない。」

正規雇用=幸せではない時代に、ひとつ価値観を捨ててみてもいいかもしれません。

 

だまれ!ゆとり世代!!うせろ!!!

うわーーーーーん罵声をあびせないでぇぇええええ

 

 

 

非正規で収入が見込める仕事

 

 

農業をしながら収入を確保する理想の仕事があります。

 

それは・・・「夜勤」なのです。

 

うげえっっ!夜勤とかむりむり!絶対にムリ!!!

そう思うでしょ、私もそう思ってたんです。

でもこれならどうですか?

 

 


週2回の夜勤と、週1回の日勤で、月収20万


 

 

これは介護業に限りますが、どうでしょう。これならできそうじゃないですか?

夜勤1回につき2万円

農業との両立も可能なんです。

 

月収20万円は税金、ガソリン代、安い家賃を差し引いても十分に貯金ができる額です。

農家さんの近くに住んでいること、畑をしていることで食費はほぼかかりません。

 

 

農業と仕事の両立を目指してやっと折り合いがついたのが、この働き方でした。

 

 

 

3.1日4時間は農業ができるシフトをくむ

 

 

最近の朝なつのスケジュールです。

これで収入を得ながら農業を学んでいます。


《日勤の日》

8:00 出勤

13:00 退社

14:00 農業

19:00 晩ごはん

23:00 就寝


《夜勤の日》

1日目:

8:00 農業

12:00 就寝

16:00 出勤

2日目:

9:00 退社

9:30 就寝

14:00 農業

19:00 晩ごはん

23:00 就寝


 

夜勤はしますが、体があまり強くないため睡眠時間をきっちり確保します!

体壊したら意味ねえですっっっ

 

 

毎日4時間は農業に時間を使う

 

 

2ヶ月間農家見習いをしてみた結果ですが、

1日あたり4時間農業に時間をまわすことができれば、農業スキルは着実に身についていきます。

 

水やりや種植え、移植と脇芽取りなど・・・4時間なんてあっという間なんです。

 

 

 

まとめ

 

移住してからの経験と葛藤を元に、仕事と農業を両立させる方法を書いてみました。

 

決して楽なスケジュールではありませんが、

やりたい事とやるべき事を両立できている今、毎日が充実しています。

 

決して不可能じゃない。っていうことが分かってもらえれば嬉しいです!

 

私もまだまだこの方法で続けていけるのか不安はありますが、

のんびりがんばっていきます^^

 

 

 

 

 

 

Pocket

ーーーーーー

ブログの更新をTwitterにてお知らせしています。

フォローお待ちしております!

朝なつのTwitterをフォロー
関連記事

コメント2件

  • のすけ525 より:

    面白い。とても参考になりました。

    定期的に読ませて頂きたいと思いました

  • asanatsu より:

    更新がんばるよう伝えておきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です