toggle
2017-03-10

【初心者ブロガーが検索流入でPV数を増やす】検索流入が多い記事の特徴をまとめてみた。

Pocket

 

こんにちは、移住狩猟ブロガーの朝なつです。

当ブログを開設してから、今日で1ヶ月と1週間が経ちました。小刻みいえぁ!

そしてこのブログは今深刻な問題を抱えています。

 

それは「検索流入をあげないとやばい」ということ。

 

現在このブログのアクセス流入元の配分はこのようになっています。

 

Social:  TwitterやFacebookなどからのセッション

Direct: ブックマークなどの直接セッション

Organic Search: 検索からのセッション

Referral: 個人ブログなど他サイトからのセッション

 

検索流入はこのOrganic Searchを指します。純粋にキーワード検索で記事を読んでもらえた割合ですね。

そしてその割合が現在11.7%‥ってめちゃめちゃ低くね?

 

もし”趣味でブログを書いてる”とかならこのSocialからのアクセスで十分なんですが、

長期的にサイトを育てていこうと考えている場合、検索からのアクセスが非常に大切になってきます。

だからこの結果はなんとしても変えていかないといけないいいぃぃうわあああああ。

 

 

 

検索流入が多いサイトのメリット

 

ではどうしてそんなに検索流入が大切なのか、

検索流入を増やすことでサイトに与えられる大きなメリットとして


  1. サイトアクセスに流動性がなくなる
  2. 記事を増やすほどにサイトの力がつく

この2つが挙げられます。

 

 

1.サイトアクセスに流動性がなくなる

 

もしTwitterなどソーシャルからのアクセスが多い場合、

新しい記事をアップすれば一時的にアクセス数は増えますが、2〜3日たてば記事の新鮮さがなくなりアクセス数は減少していきます。

 

ソーシャルからのアクセスは、一時的な爆発力はあっても継続してアクセスを保つことができません。

 

それに対して検索流入の場合、キーワード検索に引っかかるようになるまでに時間はかかるものの、

一度検索上位に表示されればそれを見た一般ユーザーからの継続したアクセスが期待できるのです。

 

ゆえに検索流入が多いサイトは、新しい記事を更新し続けなくてもアクセス数が一定に保たれるという。

なんとエキサイティングな仕組み!!これがかの有名なノマドワークなのか

 

 

 

2.記事を増やすほどにサイトの力がつく

 

ソーシャルアクセスの記事は更新後1週間もすればどーんとアクセスが減ってしまいます。

Twitterなんかで古い記事を掘りおこして読もうとするマニアはなかなかいません。

 

このサイトの人気記事ランキングは48時間ごとの集計データで出しているんですが、

毎回新しい記事が上位に表示されているのはそのせいです。

新しい記事しか読まれてねえっっっっっ!

 

いちど検索流入の波に乗った記事は、その後は何もしなくても一定のアクセスを運んできてくれます。

ということは、新しい記事を書けばかくほどアクセス数が増えていくということ。

 

サイトの力が記事数に比例して伸びていくのが、検索流入をあげる最大のメリットであると言えます。すごくないか?

 

 

検索流入がどれだけ大切か、さらに詳しくブロガーのヒトデさんが解説してくれています。

 

 

 

 

検索流入に強いブログからヒントを得よう

 

 

検索流入を上げるとメリットだらけなのは分かりました。

じゃあ検索流入しやすい記事に定義はあるのか?

 

そう思いいつものようにだらだらとネットを徘徊していると、

検索流入につながるヒントがちりばめられた神サイトを発見してしまいました。

 

 

このサイトの著者haigakiさんは、なんと京大卒で現在はニート生活をしているらしい。なにがあったんだ

 

上の記事にもあるように、”haigaki report”の月間アクセスは開始3ヶ月目で9723PV

一見そんなにバズってる数字ではないが、あなどるなかれこのサイトのすごいところは

そのアクセスのほとんどが検索流入から来ているというところです。

 

すげえ。わたしが愛してやまない検索流入をみごとに手に入れておられる!

 

haigaki reportを読んでいると、検索流入が多い記事の特徴がいくつか見られたのでレポートしたいと思います。

 

 

 

検索流入が多い記事の特徴

 

検索流入が多い記事の特徴として、以下の3つをあげました。


  1. メジャーなキーワードとピンポイントな内容
  2. 解説中心のハウツー記事
  3. 著者の個性は表に出ていない

 

 

1.メジャーなキーワードとピンポイントの内容

 

ユーザーは知りたいことがあった時に、できるだけピンポイントでその情報を探し出そうとします。

よって漠然とした内容の記事は検索に引っからず検索流入は増えません。

 

例えばこの記事

 

ブロガー個人の経験を書いた記事は、内容がピンポイントでなく漠然としているため検索にはほぼかかりません。

「23歳女 就活 移住」なんてだれも検索しませんよね。

この記事はとりあえずサイトに来てくれた方に読んでもらえればいいな。くらいに考えています。

 

ユーザーが検索するときにパッと頭に思い浮かぶようなメジャーなキーワードを使い、

さらにそのキーワードについて掘り下げた内容の記事は、検索流入にかかりやすいでしょう。

 

 

2.解説中心のハウツー記事

 

検索流入にかかるとき、その記事はユーザーにとって”役に立つ”ことが大前提にあります。

長々と著者の意見を書いているものは、その著者のファンでもない限り読もうという気にはなりません。わたしはね!

 

よって端的に結果や方法が書かれた”ハウツーもの”にアクセスは集中します。

 

その記事を書いているブロガーさん自身に人気があったり、高い信頼度があれば

ハウツー記事の内容はブロガーさんの感想が盛り込まれたカジュアルなものになりますが、

ハウツー記事のほとんどはただ解説が淡々と流れていくお堅い文章になりがちです。

 

でも結局役に立てばそれでいーんだから、おもしろさとかいらねーのか?

 

 

3.著者の個性は表に出ていない

 

これは検索流入にかかりやすい記事の唯一のデメリットとも言えるのでは!

と思ったけど、本当におもしろい記事かく人はどんな内容であろうと個性が出てて

関係ねーんだよなこれが。

 

わたしみたいな素人が、検索流入を狙ってハウツー記事書いてもたいして面白い記事は書けないよ!って話。

たとえハウツー記事でも、おもしろいと思ってもらえなければ検索流入だって上がらない。上がるはずがない。

そんなものを量産するのがイヤなんです自分!!

 

 

 

検索流入を増やすための解決策

 

以上を読んだ上で解決策としては一言

具体的でピンポイントな内容に絞った記事を書きましょう。これにつきます。

 

もし「生き方や経験」など漠然とした内容の記事を書いている人は、

ブログのコンセプトから見直す必要があります。

一度思考を総入れ替えして、全く違った内容の記事を書いてみましょう。

 

それで結果が出れば続ければいいし、出なければまたそのとき考えればいいです。

 

 

当サイトの直近の解決策としてはこちら


  • フォントサイズを小さくする→文字数を増やしてボリュームのある内容の記事を書きたい(14pxに変更しました)
  • 関連写真を多く入れる→ユーザーの理解度・満足度を上げる

 

なんかアイデアがショボくねえか?頭がよくないのでこんなものしか思い浮かばなかった。

しかしこんな細かな積み重ねが、このサイトにジャイアント級の検索流入をもたらしてくれるんです。

 

この世は諦めなかった人間が生き残るんだよぉぉぉ!さよなら才能こんにちは努力

 

 

 

 

まとめ(どーでもいい話)

 

わたしが書いたこの記事をみてください。

 

この記事がどうすれば検索で出てくるかを一緒に考えてみましょう。

 

「鹿 解体 男ウケ」   「男ウケ 自己紹介 狩猟」

 

 

。。

。。

ってだれが検索すんねんっ!もはや検索するやつの顔面を拝みたい。

以上

 

 

 

こちらの記事もおすすめです

 

 

 

Pocket

ーーーーーー

ブログの更新をTwitterにてお知らせしています。

フォローお待ちしております!

朝なつのTwitterをフォロー
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です